› 第1回筑後七国和菓子博 › ご挨拶

2018年11月04日

閉幕によせて。


                     ご協力いただいた和菓子店の皆さん


 昨日と本日の二日間開催した「第1回筑後七国和菓子博」は、

 たくさんのお客さまにお越しいただき、ぶじ終了いたしました。

 開催前は不安でいっぱいでしたが、

 お客さま、和菓子店の皆さん、どちらも笑顔があふれ、

 我々スタッフは胸をなでおろしているところです。



 この企画が立ち上がったのは昨年9月。

 筑後七国の和菓子の調査から始め、

 その魅力をどう伝えるか、お客さまをどうおもてなしするか、

 和菓子を食べながら何度となく話し合い、

 いちから作り上げたイベントでした。

 何かと行き届かない点があったかと思いますが、

 この場をお借りしてお詫び申し上げます。



 最後に、快くトークショーを引き受けていただいた永瀬正敏さん、

 イベント告知を何度も掲載いただいた西日本新聞の皆さん、

 我々にエールをいただいた福岡県菓子工業組合の皆さん、

 イベント運営にご協力いただいた地元高校茶道部や関係者の皆さん、

 そして、出店いただいた和菓子店の皆さんと

 ご来場いただいた全てのお客様に深く感謝申し上げ、

  第1回筑後七国和菓子博を閉幕とさせていただきます。



 本当にありがとうございました。

                第1回筑後七国和菓子博スタッフ一同

  

Posted by 朝倉2号 at 23:30Comments(2)ご挨拶

2018年11月04日

ごあいさつ



 お店の奥で和菓子が作られ

 「おじちゃん」や「おばちゃん」が出てきて、

 昔ながらのガラスショーケース越しでお客さんと対面販売。

 そんな懐かしいスタイルの和菓子屋さんが

 筑後地域には多く残っています。


 全国に名が轟くほどの名産はないかもしれませんが、

 農作業、果ては炭鉱などの

 地域特有の重労働者に求められた「甘いもの」の供給や、

 地元の冠婚葬祭などの進物を担い、

 子どもの頃からずっと当然のように存在する街角の和菓子屋さん。


 地域に密着している分、

 地元の人からすれば何気ない和菓子屋さんですが、

 他の地域から移住された方から聞かれる言葉は

 総じて「餡も皮も美味しい!!」


 その理由を探るうちに、そんな和菓子屋さんをつないで発信すれば、

 この地域ならではの地域活性の素材になるのではと思い立ち、

 この度実施する運びとなりました。


あなたの住む街の、自慢の和菓子屋さんはどこですか?

その味の記憶は今でもちゃんと残っていますか?


 地域特産の八女茶と相性抜群の筑後七国の和菓子屋さんを

 応援していただく契機にしたいと存じます。


九州芸文館
  

Posted by 朝倉2号 at 17:00Comments(0)ご挨拶